HOMEブログ ≫ マスク時代のデンタルエステ✨ ≫

マスク時代のデンタルエステ✨

facial_massage_コピー

こんにちは!
歯科衛生士の工藤です🦷

コロナ禍で新しい生活様式へと変わり、毎日マスクをするのが日常になっていますね。

マスク生活になって、肌荒れや口臭が気になったりする方が増えているようです。
慣れない自粛生活やマスクで、ストレスが溜まっていませんか❔

わたしが最近すごく気になるのはマスクを外した時の、疲れ顔です。😔

実はマスクで隠れて部分顔の下半分が、顔が疲れて見えたり老けて見える原因のひとつなのです。

また食いしばり」も、顔が大きく見えてしまう原因になるようです。

無意識時の歯ぎしりやくいしばりは、歯に対して、体重の5~15倍の力がかかるといわれています。
歯だけではなく、あごや首、肩の筋肉が過度に緊張することにより、顎関節症や肩こり、頭痛などの症状を引き起こします。

自粛生活のストレスや寒さで、食いしばってしまい、筋肉が凝り固まっている方も多いのではないでしょうか?


当院では、ホワイトニングやメタルフリーなど歯を美しくしたいと思っている患者さんが多くいらっしゃいます。

そこで、同じように口元が気になっている方がいるのではないか?と思い、
現在、デンタルエステについて勉強しています。

デンタルエステと聞いたときのみなさんのイメージは、
エステのようなマッサージを口元に行うの?
という漠然とした感じだと思います。

◆リフレッシュ効果◆ 
歯ぐきやお口の周りの筋肉を、お口の中と外からマッサージすることで、血行促進します。
パソコンスマホに集中して気づかないうちに歯を食いしばっている方に効果的です。

◆唾液分泌◆
リラックスするとサラサラした唾液が分泌されます。
虫歯や歯周病予防、お口の中を清潔に保つことができます。
ドライマウスの方にもおすすめです。

◆美容効果◆
お口の周辺には約40箇所のツボがあるとされています。
お顔や首の筋肉をほぐし、お口の中からも口輪筋をほぐしてあげることで、たるみやむくみ、ほうれい線にも十分効果を発揮します。

うれしい効果がたくさんありませんか?
早くみなさんに体験していただくためにも、きちんと勉強していきたいと思います!


最後におうちでできるセルフケアを少しご紹介したいと思います。

🔶食いしばりによりエラ張り解消のマッサージ🔶

hoho_massage_girl_コピー

食いしばりの習慣があると咀嚼筋に大きな負担がかかります。そうすると咬筋が発達して大きなコブのようになります。
硬くなった咀嚼筋は、フェイスラインのたるみや崩れ・エラ張りの原因になります。
また、筋肉が凝り固まって緊張状態になるので、血流やリンパの流れが悪くなってしまい、むくみ・シワ・シミが悪化することもあります。

①咬筋の位置を確認 
 顔を挟むように、頬骨の下あたりの指を置いたまま、グッと食いしばりましょう。
 このときにボコッと盛り上がったところが咬筋です。

②小さな円を描き、咬筋をマッサージしてほぐす
 こぶしをつくり、指4本の第1関節〜第2関節の平な部分を使って行います。
 両側から咬筋を挟み、圧をかけた状態で円を描くようにマッサージします。
 このとき、口元に力が入らないように口をぽかんと開けた状態にしておきます。
 クルクルと小さく外に円を描くように、下にちょっとずつずらしていきます。これを各5回ずつ行いましょう。
 
 皮膚をマッサージするのではなく、筋肉をほぐすイメージで。息を止めないように、深呼吸しながら行いましょう😀


コロナが落ち着いてマスクを外して出かけられる日がくるまでに、口もとから美しくなりませんか?✨
2021年02月01日 16:20
みちのく政宗デンタルクリニック サテライト診療所
〒990-2484 山形県山形市篭田1-14-15
TEL&FAX:023-674-9981
ホームページ:https://sojukai-dc.com/