HOMEブログ ≫ 知覚過敏について ≫

知覚過敏について

0904020002_コピー
こんにちは

歯科衛生士の田中です。

今年は猛暑が続いてますね💦

今の時期、
冷たい飲み物やアイスを食べる機会も多いと思いますが、
その冷たい刺激でズキンと一瞬しみた、
虫歯になってる?
歯磨きもしてるし、定期検診も行っているのに…
と感じた事はありませんか?


でも実は、むし歯ではないかもしれません。

それは
  "知覚過敏" の可能性があります。

知覚過敏とは、
普段は痛みのない冷たいもの・熱いものを飲んだ時にしみる。
歯磨きの時にしみる。
といった症状がおこる状況のことです。

di020101_コピー
本来、歯の見えている部分は人体で一番硬いエナメル質に、それより下は歯肉で覆われており、しみることはありません。
しかし、歯周病や加齢により、歯肉が下がってしまうと、根元の象牙質が露出してしまいます。
象牙質も硬い歯の組織ですがエナメル質よりは柔らかく、
その象牙質の内側には歯の神経が存在しているので、温度刺激や歯ブラシの刺激で痛みを感じてしまいます。

他にも不適切なブラッシング(歯ブラシのやり方)、就寝時の歯ぎしりくいしばりなどでエナメル質が削れて、
やわらかい象牙質が露出してしまうのです。


象牙質には、象牙細管という神経につながる無数の穴があいているため、
冷たいものなどの刺激がその穴を通して神経に伝わり、痛みとして感じてしまうのです。
通称と知覚過敏と呼ばれている症状は象牙質知覚過敏症というのが正式名称です。

削れてしまった歯は、もう元に戻る事は出来ないので
症状が強い場合には、レジンという樹脂の材料の詰め物で覆う処置が必要となります。
しかしレジンは天然歯よりも汚れはつきやすく、むし歯になるリスクを高めてしまいます。


当院では、軽度の症状の場合、
まずは痛みを抑えるジェルタイプの知覚過敏抑制の薬材を使用しています。


このお薬は、象牙質に保護被膜を形成して象牙細管を塞ぐため、冷たいものなどの刺激が
痛みとして感じにくくなります。

また、フッ化物も配合してるので、コーラなど、歯が溶けやすい酸性の飲食物からのむし歯予防にも効果があります


しみる症状が気になる方は、痛みがひどくなる前に、お気軽にご相談下さい。


知覚過敏の症状で、
歯が削れてしまっている原因で一番多いのが、毎日のブラッシングです。

ゴシゴシ磨きすぎると、無意識にその力で歯そのものを削ってしまう事にもなりますので、適切なブラッシングがとても大切です。

握るようにグーで✊持ってしまう(パームグリップ)と、過度に力が入ってしまいますので、ペン🖋を持つのと同じような持ち方(ペングリップ)にすると、力も入りにくく、歯に適切な角度で当てやすく、汚れもきれいに落としやすくなりますので、ぜひ試してみて下さい。
di010109_コピー

知覚過敏かなと思ったり、歯磨きのやり方を聞きたいときはお気軽にご相談ください。

まだまだ暑い日が続きそうですね☀️

こまめに水分をしっかり摂って、熱中症に気をつけて下さいね❣️
2021年08月28日 10:44
みちのく政宗デンタルクリニック サテライト診療所
〒990-2484 山形県山形市篭田1-14-15
TEL&FAX:023-674-9981
ホームページ:https://sojukai-dc.com/