HOME ≫ ブログ ≫

ブログページ

子どもたちの虫歯予防

1001504004_コピー

みなさんこんにちは。
今回ブログを担当させて頂く歯科医師の井場と申します。よろしくお願いします。

 

今回は、子供たちの虫歯予防についてお話したいと思います。


親御さんであれば、
「自分の子どもが虫歯にならないように気をつけて磨いているはずなのに、また虫歯ができてしまった・・」
こんな経験ありませんか?

今は昔に比べると虫歯の多いお子さんはかなり減ってきています。
う蝕グラフ_コピー
これは平成28年の歯科疾患実態調査(厚労省)の小児の齲歯数(虫歯の数)のグラフです。
各年代で右肩下がりであることは喜ばしいことです。
ただ、虫歯は完全にはなくなっていません。



 

虫歯の原因となっているのは、ミュータンス菌というお口の中にいる菌が原因です。
菌が砂糖を食べ、酸を出すことで歯が溶け、虫歯になってしまうのです。

 

ご存じの方もいるかと思いますが、ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しないのです!
では、その菌はどこからやってくるかというと、
食事の時などに親や兄弟などからうつされるのです。
一度口の中にうつってしまうと、歯磨きや薬の成分で減らすことはできてもゼロにすることは難しくなります。

 

食事や会話の際にうつるので親御さんの口の中に虫歯が多いと、うつる可能性も高くなり、お子さんも菌の量が多くなってしまいます。
将来の虫歯予防のために、お母さんは妊娠中から定期的に歯科医院に通い、虫歯予防の習慣をつけましょう!


生後八か月前後から乳歯が生えてきます。生えたての歯は虫歯になりやすいので、この時期から歯磨きの習慣をつけましょう。奥歯が生えてくるまでは、濡れたガーゼを指に巻いて拭いたり、指につける歯ブラシで軽く磨いたりすると良いでしょう。
この時期からお口を触られるのを慣れさせておくと歯磨きを嫌がりにくくなります

奥歯が生えてきたら、フッ素入りの歯磨きジェルを少量使ってみると効果的です。
現在はフッ素が一番虫歯予防に効能があるといわれています。

0歳から6歳までは500ppm6歳から12歳ごろまでは950ppm程度のフッ素濃度が適切といわれていますので、年齢に応じたフッ素濃度の歯磨き粉を使いましょう。
(※大人の場合
1450ppmのフッ素濃度がおすすめされています。)
また、白いペーストタイプのものより、透明なジェルタイプの方がフッ素を浸透させやすいのでオススメです!
当院でも
Check-Up gel(チェックアップ ジェル)LION社製 を受付にて販売しておりますのでお気軽にお尋ねください。
checkup_g_pht_コピー

また、虫歯ができやすい子にはMIペーストといった歯のミネラルを補給してくれる歯磨き粉もオススメです。
味も複数の種類があり、甘くて美味しいのでオススメです!

MIペースト_コピー

 

 

虫歯予防には歯磨きが大事ですが、歯磨きだけではなく食生活を工夫することもとても大切です。

普段、お食事をしていないときの皆さんのお口の中はアルカリ性に近い中性に保たれています。
食事をすることで菌によって酸が作られるのでお口の中が酸性に傾きます。
この時虫歯になりやすいのです。
唾液の力によりまた中性に戻りますが、1日に何度も酸性になる状態が続くと、虫歯になりやすいお口の中になってしまいます。

ですから、だらだら食べは一番良くありません。


s_0_VcContents_vcp3_partsD-2_VcContentsThumbnail_vcp3_partsDD-025_i
上のグラフはステファンカーブと呼ばれるグラフで、赤く染まっている脱灰というところで歯が溶けています。(アパガード様ホームページより引用)
このグラフでは15時に間食を取っていますが、これ以上増えると歯が溶ける割合がどんどん増えていきます。
おやつの時間は、時間を決めて、ダラダラと食べないようにしましょう。

 

また、小さいうちから歯ごたえのあるものを食べ、奥歯でよく噛む習慣をつけましょう。
顎が発達することで、歯並びがきれいに並びやすくなり、磨きやすくなりますので虫歯予防につながります。


 

 

それでも虫歯になってしまった・・という場合はしっかり治療をさせて頂きます。
当院では昔のように押さえつけての治療は一切しません。
最初は治療の前に削る部分を取った器具を使って慣れてもらえるようにトレーニングを行い、
歯科のユニット(椅子)や器具に慣れてきてから治療を進めています。

また、虫歯を取って詰めたらもう虫歯はなくなるわけではないのです。
お口の中に虫歯の原因となる菌は存在しますので、また虫歯になってしまう可能性があるのです。
ですから、治療が終わった後も、食生活や歯磨きに気をつけていきましょう!

 

 

いかがでしたでしょうか?詳しく知りたい場合はいつでも当院スタッフにお尋ねください。

大人になっても虫歯知らずの健康なお口でいられるように今の時期から虫歯予防を進めていきましょう!

「0歳からの口腔育成」「子どもを泣かせない17の裏ワザ」という本を参考にしました。皆様も是非読んでみてください!
51 UclaUa3L._SY344_BO1,204,203,200__コピー51Sa Mm3PoL._SY344_BO1,204,203,200__コピー

2021年01月18日 17:28

子どもたちが上手に噛めるには

mouthbreathing_gaep_boy_コピー

こんにちは。歯科医師の長澤です。

 

今まで、食物の上手な噛み方、食べ方や呼吸の仕方について意識してきましたか?
また教えてくれた方はいましたか?


 

私は小さいころ口呼吸でした。
また、4歳の子どもがいるのですが、食事の飲み込みが遅いことが気になっていました。
そこで今回、「子どもたちが上手に噛める・食べられる・呼吸できるようになる本」(クインテッセンス出版)を読み、よく噛める健康的な歯並びになるためには、子どもの頃からの食べ方が影響すること、鼻呼吸が大切であることがよくわかりましたのでご紹介します!

51b lBRzmML._SX352_BO1,204,203,200__コピー


噛めない子どもが増えています…

一般的に子どもが好きな食べ物といえば…オムライスやカレーライス、麺類など、軟らかい物が多いですね。
でも、軟らかい物ばかり食べていると、よく噛まなくても食べられるため、咀嚼(そしゃく)回数が減ってしまいます。

咀嚼回数が減ることのデメリットは、


①顎が小さくなり、永久歯が生えてくるスペースが不足し歯並び、かみ合わせも悪くなります。

②唾液が減少し、唾液による清掃作用が少なくなることで歯周病やむし歯にかかりやすくなります。
③舌の運動が減り、舌の位置が下がり口呼吸になりやすい環境となります

 

小さい時からよく噛むことがとても大切です!一口30回噛むことが理想です。

 

年齢別の食事のポイント

 

 6~12か月ごろ

離乳食は咀嚼のトレーニングです。どろどろした軟らかい離乳食をスプーンで食べさせるだけではなく、手づかみ食べで口唇や前歯を十分に使って口腔周囲の筋肉を育てることが大切です。この時期に上唇の筋力をつけておくと、後々食べこぼしや、「お口ぽかん」といった悪い癖の予防になります。

 

 1~2歳ごろ

食材はできるだけ大きく調理し、前歯を使ってかじりとることが大切です。一口の量を覚え、上唇の感覚や上顎への成長刺激にもなります。固すぎると丸飲みする癖がついてしまうので、乳臼歯が生えそろわない間は歯茎で噛める固さの物にしましょう。

 

 3~5歳ごろ

流し込み食べに注意します。しっかり噛むことで唾液を出し、消化吸収効率を高めます。 

乳歯が生えそろい、奥歯を使ったすりつぶし主体の咀嚼へ変化していきます。砂糖のとりすぎに注意しましょう。

7_コピー8_コピー

鼻で呼吸しましょう!

お子さんのお口、「ぽかん」と開いていませんか?口呼吸をしていると、口がぽかんと開いたままになります。
口呼吸のデメリットは、
①  唇と歯肉、歯が乾燥します。これにより唾液の清掃作用が効かないため、歯肉炎、むし歯リスクも上がります。

②  本来上顎についているはずの舌の位置も低くなります。上顎が大きく成長するには舌による刺激が必要なので、
上顎が成長せず、永久歯が生えてくるスペースが不足し歯並び、かみ合わせも悪くなります(出っ歯の傾向が強くなります)。

③  口呼吸が常態化すると、本来鼻粘膜や扁桃リンパ組織で濾過されるべき空気中の無数のほこりや花粉、
ウィルス等がそのまま体内に取り込まれてしまいます。

9_コピー

口呼吸の原因はさまざまですが、軟らかく噛まなくてよい食事は口腔周囲筋の機能を低下させ、口呼吸を促してしまうようです。
子どものメディア(スマートフォン、タブレット端末、テレビ等)接触時間の急激な増加による、会話など直接的なコミュニケーションの減少、前かがみの姿勢、口遊びの減少も、口呼吸を引き起こしています。

鼻呼吸のためには「あいうべ体操」が効果的です!

あいうべ体操とは、福岡のみらいクリニック院長の今井一彰先生が提唱されているトレーニングで、一日30回継続すると、唇を閉じる力や舌を上にあげる力がついて自然に鼻呼吸ができるようになります。簡単なので、ぜひやってみてください。

10

2018年から小児期の「口腔機能発達不全症」が保険適用になりました。
食べる、呼吸するといった口腔機能の成長発育は乳幼児期からが大切です。
当院では、昨年より「リットレメーター」(お口を閉じる力をはかる機械です)を導入しております。
子どもは成長発育に個人差が大きいので、継続的な測定がおすすめです。気になる方はお気軽にご相談ください!

2021年01月15日 11:10

マイクロスコープが歯を救う

1_コピー

マイクロスコープが歯を救う

 

 

こんにちは!

 

みちのく政宗デンタルクリニック 歯科医師の工藤です。

 

山形は新年早々大雪でしたね。

日本でお正月の雪は吉兆とされ、とても縁起の良いことのようです。

 

コロナ禍で大変な世の中ですが、良い一年になるように前を向いていきたいと思います!

 

 

 

さて本題ですが、年末年始は歯の根っこの治療についての本を2冊読んでいました。
5_コピー6_コピー

 

近年、歯科治療の機材や材料は急速に進歩していますが、その中でも革新的なものの1つに、
マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による治療があげられます。

マイクロスコープによる治療は当院でも導入しております。



 

例えば歯の根っこの治療の際にマイクロスコープを用いるとこのように見えます。
3_コピー4_コピー


 

これは当院で治療した実際の画像で肉眼の20です。

この写真は歯の根っこにこびり付いた古い材料を取り除いているところです。

肉眼では根っこの中は暗くてよく見えません。

根っこの中の汚れや破折線、古い材料なども鮮明に見ることができます。

 

治療を成功させるためには、根っこの中をとにかく綺麗にすることが大切です。

 

マイクロスコープと比べると従来の肉眼での治療では、
電気のついていない暗い部屋を大きな箒で掃除するようなもの
です。

部屋をきちんと掃除するには、明るい電気のもとで細かい掃除道具も必要ですよね。
そこで必要なのがマイクロスコープと、それに伴う細かい作業用の器具になるのです。

 

 

マイクロスコープがよく見える理由として、大きく2つあります。

 

1つは対物レンズとライトの構造です。

対物レンズと強力な照度の発光体が近接しているため、視軸と光軸がほぼ同一線上になります。

これにより高倍率でも影のない明るい像をみることができます。

 

もう1つは良質なレンズです。

多くのマイクロスコープはアポクロマートレンズというレンズを用いています。

このレンズは色収差(色ズレやにじみ)を高精度で補正するため、鮮明な視野となります。

 

 

 

日本の歯科医院におけるマイクロスコープの導入率は510%程度と言われておりますが、
今や世界的にみれば歯科治療になくてはならないものになりつつあります。

 

少しでも救える可能性のある歯を残したい!という思いから、
当院でもマイクロスコープを用いた治療を積極的に行なっています。

 

全身の健康はお口の中からです!

 

根っこの治療でお悩みの方、ご質問やご興味のある方はぜひご連絡ください!

 

2021年01月08日 10:53

本年もよろしくお願いいたします。

1DSC_0545
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この年末年始は今までとは違う過ごしかたをされた方も多かったのではないでしょうか。

今年は平穏な日常が戻ってきてくれることを願いながら、
感染対策・スタッフ全員の体調管理を徹底したうえで診療してまいりたいと思います。

写真のしめ飾りは患者様よりいただきました。
とても素敵で、昨年末より飾らせていただいております。
ありがとうございます。

本日1/4より診療を行っておりますので、ご来院される際には雪道に気を付けていらっしゃってください。
2021年01月04日 09:42

当院の診療(歯科助手・事務について)

m6415030_04
当院では歯科医師4名(女医2名)、矯正専門医2名(女医1名)、歯科衛生士6名、歯科助手4名、事務1名の計17名で診療を行っております。

この医院ブログで何回かに分けて皆のことを紹介いたします。

今回は第3回、当院の歯科助手事務について紹介していきたいと思います。

現在、歯科助手4名事務1名在籍しております。
今年の5月までは3名産休育休に入っておりましたが、また帰ってきてくれました。

歯科助手については皆さんご存じでしょうか?
歯科助手という仕事は国家資格等の特別な資格は必要ありません。
歯科助手を学ぶ短大や専門学校などもありますが、必須というわけではありません。
その分入職してから、歯科という専門的な分野を学ばなければならないので、向上心のない方は難しい職種かもしれません。
当院の歯科助手は向上心も高く、覚えも早く大変助かりました。


歯科助手の業務は、
1.歯科医院の受付・会計
2.患者さんの案内や介助
3.歯科医師や歯科衛生士のアシスタント
4.治療器具の滅菌・管理などがあります。
このように歯科助手は直接医療行為にならない範囲で歯科医院のサポートしてくれています。正に「縁の下の力持ち」です。
事務もまさにそうです。
ついつい診療にばかり集中して働いていると忘れてしまいがちですが、
歯科助手・事務がいないとスムーズな医院運営は難しいと感じております。


特に受付は歯科医院の「」でもあります。
まだまだ歯医者はこわいところというイメージが強いですが、
当院の受付では皆様の不安な気持ちを、丁寧な対応で少しでも和らげられるように努めております。

その他にも歯科助手は患者さんと治療方針についてもお話しさせていただく機会もございます。
直接診療行為を行うわけではありませんが、様々な治療法や治療への知識は歯科医師と同様であるべきと考えております。
特に初めて当院にいらした際には、他院での治療法と異なる治療法をお話しさせていただくこともあるかと思います。
その際には職種にかかわらず気兼ねなく聞いていただければと思います。

当院の歯科助手は空いた時間があれば整理整頓や在庫の整理等よく働いてくれます。
本当に感謝しています。

当院に来て下さる患者さんが、快適に医療を受けられるよう、
当院のチーム全員で今後も頑張っていきたいと思います。
2020年12月11日 10:05

当院の診療(歯科衛生士について)

0062
当院では歯科医師4名(女医2名)、矯正専門医2名(女医1名)、歯科衛生士6名、歯科助手4名、事務1名の計17名で診療を行っております。

この医院ブログで何回かに分けて皆のことを紹介いたします。

今回は第2回、当院の衛生士について紹介していきたいと思います。

現在、歯科衛生士は産休1名を含め6名在籍しております。
また、来年からはもう1人新しい衛生士が一緒に働いてくれることになりました。

歯科衛生士というと皆様どのようなイメージを持たれるでしょうか?
そもそも、「歯科衛生士?歯科助手?歯科じょし?」とよくわからない方も多いと思いますので歯科衛生士について説明いたします。

歯科衛生士とは1948年(昭和23年)制定の歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格です。
その国家試験は歯科衛生士養成機関(専門学校、短期大学、大学)に3年間通うことで受験資格が得られるのです。

歯科衛生士は全国に132,629人の就業者がいます。(平成30年末現在)
歯科医院の数は全国で約69,000軒ですので、平均すると歯科医院1軒当たり1.9人所属していることになります。
あくまで平均の話ではありますが、当院では平均を大きく超える多くの歯科衛生士が働いてくれていることにはありがたいことだと思っています。

歯科衛生士の業務としては1.歯科診療補助、2.歯科予防処置、3.歯科保健指導があります。
具体的には
歯周病の進行を止めるための歯石の除去や、歯面清掃
虫歯の予防のための清掃フッ化物の塗布
③訪問診療でのお口全体のケア
などなど挙げればきりがないです。

歯周病に関する研究及び技術については日々進化と複雑化もしています。
それに伴い歯科衛生士の業務のメインも歯科診療の補助から、歯周病・虫歯予防へと移行しています。

歯周病という病気は「全世界で最も蔓延している病気である。」と2001年にギネスブックに記載されています。

また詳しく歯周病についてもブログを書きたいと思いますが、簡単に治すことが出ない病気なだけに予防こそが大事になってきます。
歯医者は痛いときにだけ行くところから悪くならないように予防をするところに替えていけるように、
一度治療したところは長持ちするように、今より悪くならないように予防することを重視してまいります。

当院の歯科衛生士は勉強熱心で、診療の合間診療時間外にも勉強してくれています。
彼女らの姿勢には院長として頭が下がります。

当院に来て下さる患者さんが、最良の医療を受けられるよう、
知識のアップデートと技術の研鑽を当院全員で今後も行っていきたいと思います。
2020年11月23日 17:51

当院の診療(歯科医師について)

DSC_0448
当院では歯科医師4名(女医2名)、矯正専門医2名(女医1名)、歯科衛生士6名、歯科助手4名、事務1名の計17名で診療を行っております。

この医院ブログで何回かに分けて皆のことを紹介いたします。

まずは第1回、当院の歯科医師について紹介していきたいと思います。
歯科医師は私、院長の菅原と、東北大学での後輩である工藤先生、東北大学病院での研修医の同期である長澤先生、山形東高の後輩にあたる井場先生の4人が診療しています。
後輩や同期の先生に恵まれて、一緒に最善の治療を目指し日々治療と研鑽を行っております。

私は歯科医院は歯科医師1人でやるものではないと考えております。

このブログを見られている歯科関係者の方々からは様々な反論があるかと思います。
しかしながらここでは私の意見を述べさせてください。

元来、歯科医院というものは院長先生が歯科医師としてひとりで働き、歯科衛生士、歯科助手の皆さんに手伝ってもらうという形がほとんどでした。

しかしながら現代、歯科医療の進歩に伴い、治療も細かく、作業工程も複雑化してきています。
また、衛生士には予防処置や歯周病治療に注力していってもらうようになった結果、診療が一人では回らないということが多くなってきました。

具体的には根管(歯の根っこ)治療の際にラバーダム防湿という処置が有用であると考えられていますが、
ラバーダムをしたまま先生がほかの治療をすることができるでしょうか?
1人の患者さんの診療しているとき、定期検診で虫歯が発見されたり、レントゲンを撮るときどうするのでしょうか?

歯科医師のなかでも「今日も1人で○○人治療した」などと自慢げに話す先生もおりますが、まったく自慢にならないと考えています。

このような理由から当院では、基本的に歯科医師1人で診療する日がないようにしております。

その他にも1人で日々進化する新しい医療の情報を仕入れるのには限界があります。
4人いれば4人の視点と嗅覚で、常にアンテナを張り巡らすことができると考えております。

新しい医療≠最善の医療です。
しかしながら情報のアップデートをしないことで患者さんにとって不利益が生じないよう心掛けています。

これからも患者さんの皆様のために尽力してまいります。
2020年11月09日 14:55

ブログはじめました!

C-2
こんにちは、院長の菅原です。
当院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

この度令和2年10月よりホームページをリニューアルしました。
それに伴いブログを書いていこうと思います。

当院では現在、歯科医師4名(女医2名)、矯正専門医2名(女医1名)、歯科衛生士6名、歯科助手4名、事務1名の計17名が働いています。
皆で協力し、歯に関するお話や、日々研鑽していることを皆さんに伝えられればと思います。

よろしくお願いいたします。
2020年10月26日 09:57

ホームページ、リニューアルしました

この度、ホームページをリニューアルいたしました。
ブログも追加し、皆様に様々な情報をお届けしていきます。
よろしくお願い致します。
2020年10月22日 22:01
みちのく政宗デンタルクリニック サテライト診療所
〒990-2484 山形県山形市篭田1-14-15
TEL&FAX:023-674-9981
ホームページ:https://sojukai-dc.com/